歯髄の保存について

ある分類法では、歯髄は、歯髄炎が可逆的(神経が元に戻る)か、または非可逆的(神経が元に戻らない)か、または歯髄が壊死しているかによって、歯髄保存療法歯髄除去療法感染根管治療の3つの治療法に分けられます。もちろん歯髄は可能な限り保存する方が良いのですが、それが可能なケースについて、そして適応症がどのレベルの歯髄炎なのかについてお話します。

1、歯髄保存の意義

歯髄を保存するのは直接的な意義と間接的な意義があります。

まず直接的な意義としては、主に以下の4つがあります。

・歯髄感覚の保持

 → 痛みがあると虫歯に気づきやすい

・外来刺激の遮断

 → 修復象牙質が形成される

・歯根や根尖孔の形成

・免疫機能の発現

次に、間接的な意義としては主に以下の3つがあります。

・修復処置の軽減

・抜髄後の根尖病巣の発生リスクの軽減

・歯の破折の防止

2、歯髄保存療法の適用

歯髄を保存する歯髄保存療法には「歯髄鎮痛消炎療法」「覆髄法」があります。

①歯髄鎮痛消炎療法

定義:象牙質面に薬剤を塗布して鎮痛と消炎を図ることで、歯髄の軽度の炎症を招待させる療法

適応症:歯髄充血急性単純性歯髄炎

(細菌感染を受けていない、病的に興奮した可逆性の歯髄)

②覆髄法

i)直接覆髄法

定義:外傷や齲蝕の除去などによって歯髄が露出した場合に適切な材料で直接修復して外部からの刺激を遮断するとともに修復象牙質の形成を促し生活歯髄の保護を図る方法

適応症:外傷による露髄で感染がない場合(可逆性歯髄炎の場合は禁忌)

材料:水酸化カルシウム製剤、MTA(接着用レジン)

ii)間接覆髄法

定義:外傷や齲蝕の除去などによって残存する象牙質が薄くなった場合に物理的または化学的刺激を遮断し積極的に歯髄の鎮静と修復象牙質の形成を促すことを目的として象牙質名を被覆する方法

適応症:正常歯髄を有する深在性う蝕、破折歯

材料:酸化亜鉛ユージノールセメント、接着性レジン

iii)暫間的間接覆髄法

定義:歯髄に到達するような深在性う蝕で歯髄が臨床的に健康、または可逆性の歯髄炎の症状を呈する場合、期間をあけて段階的に齲蝕を除去することで露髄を開始する方法

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中