高齢化に対するポジティブな見方

塾で教えている高校生に、大学は都市デザインの学科に進学したいという生徒が異様に多かったので、少し自分自身今の日本の社会構造について、人口減少と少子高齢化について考えてみようと思っていろいろ調べたところ、ネガティブな側面だけでなくポジティブな要素も少し見えたのでお話します。

前半に、現在抱えている高齢化社会の問題となる点を述べ、後半に逆にポジティブな側面や今後日本が具体的にどういった方針を取ればこの状況をプラスに転じることができるのかについて自分なりの考えを記します。

まずネガティヴな側面については、このままでは間違いなく医療崩壊をきたすという点です。コロナの一連の騒動で報道されましたが、現在日本の医療のキャパシティーは限界状態です。これは戦後、日本の医療システムがGHQからの要請により作られたものから何一つ本質的には変わっておらず、おおよそ時代不適なものであり続けているということもありますが、実際、現在高齢者の医療費にかかるコストが甚大な規模となっているうえに、施設としての医療機関が圧倒的に不足している状態です。救急医療に関しても40歳の心筋梗塞の患者を断るようなケースがあったりと病室が不足している状態です。したがって、限られた医療資源をどのように分配するか、また在宅医療の推進、医療、介護、福祉を総動員させた地域包括ケアが叫ばれるようになってきたというわけです。

2025年以降、人口減少はより顕著に現れるため、労働に関する制約が多くなるなかで医療や介護のサービスを確保するうえでは、医療分野だけでなくその他の領域においてもテクノロジーの必要性は大いに感じます。例えば自動運転の技術や身体補強のテクノロジーなどです。自動運転のテクノロジーは間違いなくデジタルトランスフォームにおいて重要であり、これによって高齢者を含めヒトやモノの移動コストが下がり、これは地方再生にも大きな影響を及ぼします。

よくテクノロジーの変化に対して否定的な見方をする高齢者がいますが、そのような人に対しては、例示と対話によって説得が可能な事柄でしょう。たとえば介護ロボットを導入する際には、ウォッシュレットに自分のお尻を洗ってもらうのと人間に洗ってもらうのとどちらがよいかと尋ねれば恐らく大多数が前者を選ぶと思います。

同じようにロボットアームにオムツを替えてもらうのと人間に替えてもらうのではどちらが良いかを尋ねると、恐らく前者になると思います。「あぁウォッシュレットと同じことか」と理解してくれると思います。このように分かりやすい例示をふまえて対話を行えば新しいテクノロジーに対しても受け入れやすくなります。とはいえ、なかなか理解してもらえない現状があるのも事実です。

このように解決すべき課題は沢山あり、高齢化社会と人口減少が並行していることは悲観すべき事柄もあります。しかし私にはこれをポジティブな現象として捉えることもできます。そして、そのように考える根拠は3つあります。

1つ目は「行動抑制」です。現状の日本においては、テクノロジーによって起こる労働の自由化、省人化に対するラダイト運動のような打ち壊しのムーブメントが起きにくいでしょう。今後の世界において機械化は社会正義であり世界における生産性向上のキーとなるため、それを阻害する物理的な運動量が少ないことはポジティヴに捉えられるでしょう。

2つ目は「輸出戦略」です。日本は高齢化社会に向けた社会構造の実験を行いやすい立場にあり、日本がいち早く高齢化に対する社会構造のソリューションを生み出せばそれは中国やアメリカに対する輸出戦略となります。日本は現在、欧州や米国で誕生したビジネスを輸入するスタイルが主流となっていますが、今後は日本で生まれるビジネスを海外へと輸出するということが可能になります。それだけでなくインバウンドの人材誘致としても効力を発揮すると思われます。

3つ目は「教育投資」です。少子高齢化により相対的に大人の数が増え子どもの数が減るため、本来であれば子どもに対して教育コストをかけることができます。これは社会正義であり2017年に安倍政権が幼児教育の無償化を打ち出したことなどはこれに当てはまります。

以上のように、少子高齢化と人口減少はテクノロジーの力で十分対処可能な領域です。良き方向に向かうための我々の最も本質的な課題は、起きている現象を「社会問題」として捉えるだけで嘆いて思考停止し、未来を悲観しまって他力本願になっているだけの人がどのようにしてこの社会でポジションを取っていけるようになるかということだと思います。

medical blockchain

医療情報のアプリ開発

本日PR TIMESにて、僕がコンサルとして入っている4人のチームでの医療情報管理アプリケーションの進捗が報道されました。

4人のチームと言っても実際には2社と1つのブロックチェーンプラットフォームが関わっているんですが、どんなアプリかと言うと、ざっくり言えば「患者が自身の健康データを自身で所有することができるアプリ」です。

これが実現すれば、病院を変えるたびにイチから診察せざるを得ないような無駄な工数を減らし、個人が自身のバイタル情報を常に個人の手で管理することができ、かつ病院側もそのデータに基づいた診療を行えるため問診の工数が減り、ウィンウィンな関係構築ができます。

とてもシンプルなアイデアですが、これの何が難しいかというと、一番は個人情報の管理です。(他にも既得権益や患者側の技術的負担や法律面の問題など様々な困難がありますが…)暗号化のスキームをきちんと組まないことにはこれらの個人情報を蓄積した中央サーバのハッキングによってセキュリティの点で非常に危険な状態に陥ってしまいます。

それを解決するために(株)エバーシステムに協力していただき、患者情報をハッシュ化して時系列に沿って記録する方法ような、ブロックチェーンを用いたバックエンドの仕組み作りを担っていただくことになりました。

ざっくりとそのスキームを説明すると、

患者の秘密鍵と医療機関の公開鍵を使うことで、サーバ管理者にも閲覧できない状態で、サーバを経由して健康データを患者から医療機関に渡す。
秘密鍵をなくしたときに、医療機関に依頼することにより、医療機関の秘密鍵と新しく作成したユーザの公開鍵で健康データを再暗号化することにより、ユーザの秘密鍵の再発行を可能にする。

といったものです。

詳しいUIや機能については今後もプレスを打つ機会があればその都度発信していくつもりですが、現時点でなんらかの資金援助やファンドをしていただける方やアドバイスをいただける方は大歓迎ですのでSNS経由でぜひともご連絡ください!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000048206.html

チューリッヒを終えて

チューリッヒ大学でのブロックチェーンの学びを終えたときの3つの質問に対しての解答をブログの方にも掲載します。

1、活動やメンバーはどんなものだったか?

ーー チューリッヒ大学に集ったメンバーは、各々が「ブロックチェーン」という1つの革命的な技術に対してそれぞれ工学、経済学、法学などの側面から研究に取り組んでいる学生や、IBMなどの企業の方々、教授、ノードなど様々です。解決すべき問題があまりにも壮大なテーマであるため、各々の強みを活かしてグループで議論し、課題解決に取り組みます。僕自身はsolidityやJavascriptを使って簡単なスマートコントラクトを書いた経験やPHIでプロダクトの設計に関わった経験はあっても、実績の少ない学生がそれだけを強みとして日本を代表してこのプロジェクトに参戦するわけにはいきませんでした。しかし幸いにも、僕は大学で日々医療を学んでいて、医療分野におけるブロックチェーン技術の導入に関しては課題そのものの発見という点では差別化できる環境にいたためそれが有利に働きました。他の参加者と比較して、様々な医療従事者の意思や行動を考慮したゲーム理論を展開することができたので、それを法、経済のエキスパートと議論して研ぎ澄まし、最終的に工学のエキスパートとともに設計して実装するといったことができました。それらを経たうえでの現在のプロジェクトとして、トークンを用いて患者の処方箋に紐づく個人情報の管理を行うための開発に取り組んでいるフェーズなので、これを実際に今後展開していくサービスの基盤にできればなと思います。

2、新しく吸収したことは?

ーー これに関しては無限にありますが、印象に残っているのは”NEO”と “Polkadot”についてです。NEOは実際に世界各国の取引所にICOしているEthereumとよく似た中国の暗号資産で、NEOとGASの2種類のトークンを使い分けています。それらを使い分けることで実際にどのようにしてdBFTの仕組みに寄与されるのかについては謎だったんですが、Neoの講義を受けてそれを正しく理解することができました。NEOトークン保有者と、その保有者の投票によって選出された、ブロックチェーンに記帳する権利を有するノード(Bookkeeper)によってそれが為されていて、仕組みをざっくり説明すれば、「Bookkeeperの中からランダムに決定された一人の代表者と、それ以外の投票者に分かれ、代表者がそれまでの取引を記録したブロックを生成する。代表者以外の投票者となったBookkeeperはそのブロックの妥当性について投票をし、66%以上の賛成を得ることができれば、ブロックの妥当性が認められ、それまでのブロックチェーンにつなげられる。もし66%以上の賛成票を得ることができなかった場合は、別のBookkeeperが代表者に選出され、再びブロックの生成と投票が行われる。このフローを66%以上の賛成を得ることができるまで続ける。」といった感じです。PoWやPoSのような消費電力や保有量に応じてゲーム理論的に不正させないようにするような類のインセンティブ設計とはまた切り口が異なっていて興味深いです。 

一方PolkadotはWeb3 Foundationのプロダクトで、GAFAMなどの巨大なIT企業によって中央集権化されたウェブ構造を完全に分散化することをビジョンとして掲げています。中央集権支配からの脱却という点がブロックチェーンの目指す世界と一致していて、Polkadotは実際に異なるブロックチェーンプラットフォームをつなげるといったこともしています。どのような仕組みでそれが実現できるかというと、簡単に言えば、「ParachainとRelaychainとBridgeの3つの要素がキーとなっていて、Parachainとして相互接続をしたいチェーンは、専用に作られた独自のブロックチェーンだけでなく、BitocoinやEthereumなど既存のブロックチェーンも対象になる。しかし、これらのParachainには互換性をもたせたくてもそれぞれ合意形成方法が違ったり、ブロックの生成速度が違ったりと仕様がばらばらの状態で、これではそれぞれのチェーンを繋ぐことはできないため、Bridgeがこの合意形成などの違いを吸収する。このBridgeはParachainどうしを直接つなぐのではなく、それぞれのParachainはBridgeを介して大きなチェーンであるRelay chainにつながる。このRelay chainにそれぞれのチェーンから書き出されたデータを記録し、他のチェーンからの参照を可能にする。」といった感じです。これら異なるチェーンを繋ぐインターオペラビリティーだけでも革新的だなと思ったんですけど、それぞれの仕組みをもっと深く技術的に理解することでこれがスケーラビリティーの問題解決にも寄与していることがわかります。

 チューリッヒ大学を経て新しく吸収できたことは多すぎて、上の2つの例は本当に氷山の一角にもすぎないレベルなんですが、話し出すとキリがないので今回はやめておきます。(笑)

3、塗り替えられた知識や考えは?

ーー これも無限にあるんですが、もし1つだけ挙げるとすれば、DAGに関する理解が綺麗に刷新されたことです。DAGとは有向非巡回グラフのことで、順序づけする必要があるタスクの集合を、あるタスクが他のタスクよりも前に行う必要があるという制約により、頂点をタスク、辺を制約条件で表現すると有向非巡回グラフで表現できるといった特徴があります。これはブロックチェーンと仕組み自体は似ています。しかし、DAGに関する理解を深めたことで、例えば1つのブロックよりも小さな単位でデータ扱えるというDAGのみが持つ特徴を応用すれば、今後世界にこれらの技術が浸透して、世界中で行われる膨大な数の取引を1つの台帳で管理することによって生じてしまうスケーラビリティの問題を解決できる可能性を秘めているのではないか、という仮説を立てることができました。

WEBマーケティング

最近Webマーケティングについてよく質問されるのでざっくりとお話します。

僕はMeetechというメディアの制作に携わって、実際にバイアウトまで様々な実験と検証を繰り返して実践ベースでWebマーケティングを学んできたので、そのことに触れながら話していきます。

Webマーケの仕事は基本的に「集客」「接客」「リピート」の3段階に分けられます。これらのフェーズを戦略的に繰り返し行い、利潤を上げていくというビジネスです。

どの媒体に特化させるかは会社や事業主単位で変わってきますが、基本的には、検索エンジンSNSYoutubeなどからの集客の導線を確立させ、サービスや商材を売ることを目的としています。

Webマーケティングといっても色々あって、SEO、SNS広告、リスティング広告、アフィリエイト広告、アドネットワーク広告、SMM、LPO、EFOなど様々な分野に分かれています。僕自身はSEOの対策やサイト内の記事のディレクションなどが主な業務だったので、今回はSEO対策についてお話します。

SEO対策を行ううえではまず第一に、Googleの使命を理解することが最優先です。Google の使命を端的に表すと、「世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」です。Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。ということはつまり、Googleのアルゴリズムによって上位にインデックスされるためには、Googleのユーザーにとって「有益」で「関連性が高い」コンテンツを制作し続けることが重要になります。

Googleのアルゴリズム自体は常に変化し続けていて、誰もその詳しい内容は把握できませんが、Googleの求める世界観から論理的に思考し、実験と検証を繰り返すことで、結果として数値で反映されるというところがSEO対策の最も面白いポイントだと個人的に思っています。基本的に一般的なデータを元に推理して行動し、それを自身で実践することによって得られたデータを指標にして勝ちパターンを絞っていくという戦略になります。

そんなSEO対策について欠かせない3つのツールについてご紹介します。

まず、Google Analyticsです。
https://analytics.google.com/analytics/web/provision/#/provision

Google Analyticsはgoogleの拡張機能として使用できるコンテンツですが、これはサイトのPV数、セッション数、CV数などを把握することができるだけでなく、行動フローや来訪者のセグメントなども分析できます。CVR向上のための必要条件、実験パターンなどを弾き出すのに有用なツールで、自社のWebサイトのアクセスの解析には欠かせません。もしWebマーケティングでSEOの対策をするのであれば恐らく毎朝起きて一番はじめに見ることになるでしょう。(僕は通学の電車の中で毎朝Newspicksやインスタのストーリーよりも先に見てました。)

次に、ahrefsです。
https://ahrefs.jp/

ahrefsは、他社や競合サイトの情報を分析したり、Google内での上位検索ワードやその月間検索回数などを調べたりするのに使います。僕自身は毎日ここでキーワードボリュームを測って、コンテンツに含有させる文言を選定していました。僕自身は競合の分析についてはahrefsだけでほぼ完結していました。

最後に、Search Consoleです。
https://search.google.com/search-console/welcome?hl=ja

Search Console(以下サチコ)は、Google Analytics(以下GA)と似ていますが、GAが自社サイトへのアクセスを解析するツールであるのに対し、サチコは自社サイト自体を分析するツールです。GAと違って、Googleにサイト自体に対するアクションが実施できます。例えば、Googleクローラーを呼び寄せたり、サイトマップを送信したり、検索結果から任意のURLを非表示したり、スパム判定に対して再審査をリクエストしたりといったことが可能です。

サチコは検索エンジン経由に限りますが、過程が分析できます。GAで検索エンジン経由のアクセス数が増加する前に、その兆候がサチコの表示回数として現れるため、被リンク数の増減推移も一緒に追えばデータ解析の精度が上がり、サイトを効率よく運用することができます。

少々長くなりましたが、今回は僕がMeetechというマッチングアプリのキュレーションサイトを制作していた頃に使用していた主なSEO対策のツールをご紹介させていただきました。もちろん上記3つ以外にも使用したツールはまだまだありますがそのあたりはまた追々ご紹介できればなと思います。



ブロックチェーン

ブロックチェーンとは何か?その特徴は主に以下の3つに集約されます。

『トラストレス、自律分散、耐改竄性』

ビットコインやイーサリアムのような暗号通貨(Crypto Currency)を例にすれば分かりやすいので、それを用いて説明します。

『信用』というのは誰かが担保して初めて成り立つと思っておられる方が多いと思います。例えば日本円は日本政府や日銀が信用を担保し、銀行にお金を預けるときにはその銀行が信用を担保します。

しかし、信用を担保するのに機関が介在するというのは、同時に『信用』に対して多額のコストが生じているということでもあります。これは我々にとって当たり前のことすぎて意識することはないかもしれませんが、世界中で果たしてどのくらいの時間とお金と労働力が信用担保のために発生しているのでしょうか…莫大なコストになっていることは明白です。

暗号通貨に関しては実際には世界中に分散したノードが『信用』を担保しているわけですが、これは信用担保のためにお金や時間や労働力が割かれているわけではなく、マイニング報酬を得るためにそれぞれで勝手にやっているわけです。したがって、中央集権的な機関が管理してるわけではなく、分散型の台帳形式で世界中の”誰か”が入れ替わり立ち替わりで信用を担保しているというわけです。

これだけでも常識を覆すようなテクノロジーなのですが、もっと面白いのは、「デジタルデータが、コピー不可能な唯一無二性を帯びていてかつそれが交換可能である」というところです。

ミュージシャンを考えてみてください。CDとしての音源が価値を持っていたのはコピーができなかったからです。しかし音源情報が簡単にデジタルデータとしての唯一性を失ってしまったためCDは売れなくなりました。

この性質を用いて、例えばDappsを利用したゲームのCrypto Kittiesなんかでは、データとして存在する世界で唯一無二の全然可愛くないネコ(笑)が1000万円を超える価値を帯びたりするわけです。

今回はブロックチェーンの中核となる性質についてかなりざっくり書きましたが、ブロックチェーンははまだまだ色んな分野に応用できる可能性を秘めています。今後もそのような内容を発信し続けるのでもし興味のある方は今後も気軽にサイトに訪れてください!

What is a blockchain? Its features are mainly summarized in the following three.

” Trustless, Autonomous Decentralized, Tamper Resistant “

It is easy to understand by taking cryptocurrency such as Bitcoin or Ethereum as an example, so I will explain using it.

I think that many people think that “credit” can be established only when someone secures it. For example, the Japanese yen is secured by the Japanese government and the Bank of Japan, and when depositing money in a bank, that bank secures the credit.

However, the fact that an institution intervenes to secure credit also means that a large amount of costs are incurred for “credit”. This may be too commonplace for us to be aware of, but how much time, money and workforce is being spent on credit security around the world … The cost is clear.

In terms of cryptocurrency, actually the nodes distributed all over the world guarantee “credit”, but this does not mean that money, time and labor are spent for credit guarantee, mining reward To do so, each of them is doing it on their own. Therefore, it is not controlled by a centralized institution, but in a decentralized ledger format, “someone” in the world swaps and turns around to secure credit.

This alone is a ridiculous technology that overturns common sense, but what is more interesting is that “digital data has uniqueness that can not be copied and it can be exchanged”.

Think of a musician. The sound source as a CD was valuable because it could not be copied. However, since the sound source information easily lost its uniqueness as digital data, the CD could not be sold.

Using this property, for example, in a game using Dapps such as Crypto Kitties, the only cat in the world that exists as data is worth more than 10,000 $.

This time, I roughly sketched out the core properties of the blockchain, but this property still has the potential to be applied to various fields. We will continue to send such content in the future, so if you are interested please feel free to visit the site!